“特別な体験”は大人になっても思い出す。記憶に残るBBQをしよう。

最近知ったのだが、バーベキュー用の変わった肉をネット通販している専門店がある。

日本国内のジビエでよく見かける肉だけなら、記事にはしない。私が「あっ」と思ったのは、ワニ、ダチョウ、ウサギ、ヤギ、ラクダ・・・!

え~っ!買えるの??

例えばワニ肉。TVの旅番組の中でしか見たことがないし、ワニ肉を普通に食べている国まで行かなければ、一生食べられないと思っていた。

ネットで買えて、冷凍便で自宅に届く。BBQで使いやすいように竹串付きで売っているものがあったり、大きな生のソーセージ、パテ、肉に合わせたスパイスやソース、さらにはオススメの調理方法やレシピまで載せている。「ミートガイ」という肉の専門店だ。


■「ミートガイ」公式サイト:

スーパーでは手に入らないユニークなお肉が、500種類【ミートガイ】


もし今、私が、家族や大切な仲間とBBQするならば、“BBQ=思い出に残る経験”にしたい。そう、大人になっても思い出すような、“特別な体験”にしたい。

実際、私はキャンプやBBQで、子どもの頃、自分で釣った魚を食べる、という経験をした。川魚なら焚き火で焼き、海の魚はすぐにその場で刺身にした。生まれて初めてジビエの熊肉を食べたこともあった。

まだ子どもだったけれど、これら特別な日の思い出は、大人になった今でも鮮明に覚えている。普通のBBQとは違うインパクトをともなった体験だったからだ。

スーパーのパック肉で焼肉をして、焼きそばでシメるような、ありきたりなキャンプもしていたはずだが、ハッキリ言ってそんなのは普通すぎて記憶に残っていない。

もし、家族で行ったキャンプで、ワニ肉やダチョウ肉を食べてみたならば、確実に記憶に残るはずだ。

強烈なインパクトをともなった、生まれて初めての新しい経験をするべきだと思う。

「バーベキューでワニ肉を食べた!!」という鮮明な、特別な体験は、大人になっても忘れることはない。

歳をとったからわかる。時間を経たからわかる。せっかくバーベキューをしに出かけても、家でやるような鉄板焼きや焼き肉と同じ肉を使っていたのでは、思い出にはならないのである。思い出として残るのは、生まれて初めての経験や、その時に感じた強烈なインパクトだ。

ワニ肉だ、ダチョウ肉だ、などとは言わずとも、大きすぎて家のフライパンでは焼けないような特大のサーロインを一枚どーんと豪快に焼いたり、骨付きのTボーンステーキやラムチョップを、はるか昔の原始人がそうしたであろうかのようにむさぼったり。それだけでもじゅうぶんである。

人間は、思い出を糧に生きていく。

さあ、今年のBBQは、本気を出そう。

スーパーでは手に入らない肉にチャレンジしてみよう。

2020年6月 ソラアン


■「ミートガイ」公式サイト紹介

デカい!ワイルド!でもヘルシー!BBQを盛り上げろ!【ミートガイ】

世界各地から取り寄せた肉だけでなく、ハムソーセージ等の肉製品、冷凍野菜やフルーツからチーズ、調味料、ソース、調理器具・・・。バラエティ豊かに少量ずつ色んな肉が楽しめるセットやギフト品もある。

なんと、業務用のキロ売りもあり、大人数のパーティも準備できそう。

公式サイト内には、キャンプで作れるレシピも豊富で、スキレット、ダッチオーブン、色々な道具を使って作ってみたい料理や、家庭のキッチンでも作れる料理が丁寧に手順写真付きで紹介されている。

BBQは男の料理とよく言われるが、確かに、やっぱり、BBQは肉で決まる。サイトを見ているだけでも肉の力強さを感じる。全国のお父さん、お兄さん、おじいさん、幹事さん、出番ですよ!



フォロー頂くと励みになります!

ブログ更新情報をツイートしてます