初めての『メルカリ』

ミドルエイジ発、初めてやってみた!体験レポートシリーズ
~初めての『メルカリ』~

昭和生まれ“ミドルエイジ”のオバチャンが、いい年をして“実は初めて経験する”世の中のアレコレを綴る体験記。

今回は『メルカリ』です。

■ファースト・インプレッション

今更ながら、いざ自分でやってみて初めて知りました!
いや~、こんなに便利な、『メルカリ』ワールドが広がっていたとは!

思ったより安全、取引もスムーズでした。相手とはニックネームだけ、匿名同士で物の売買が完結できるのは素晴らしい。アイデアと技術のなせるワザ!

そして、『メルカリ』はもはや日本の一大産業、一大経済システムに成長しているのだと知りました。

とてつもない量の“物”と“お金”が右へ左へ動いています・・・・・・。

一般の個人と個人が不要品を売買し合っているだけと思っていました。ところが、いざやってみると、違いました!!

同じ個人でも、個人の小売り業者さんや仕入れ業者さんたちの、立派なネット店舗や、仕入れ先になっているではありませんか!
もちろん、単発で利用している個人ユーザーも大量に存在します。ただし、ごくごく個人レベルでも、もはや副業レベルになっている方々の多さにも驚かされます。

インターネット、PC、スマホ。宅急便、ゆうパック。日本全国、どこに居ても荷物のやりとりができる時代。お金のやりとりもできる時代。それが匿名同士で行われる。ひとつの“社会システム”が確立されていると感じました。


■今更ですが『メルカリ』ってつまり・・・?

『メルカリ』とは、個人と個人が、ネット上で売買し合えるフリーマーケットです。

売りたい人は、売りたい物の写真・説明・値段を付けて出品します。

買いたい人は、出品されている物の中から選び、支払い方法を選択し、購入します。

オークションと異なるのは、売り手側が好きな値段を設定して、お店のように物を販売(出品)できることです。

24時間いつでも出品でき、いつでも即購入できます。

購入前に、売り手側に質問をしたり値切ったり、コメント欄を利用してメッセージをやり取りし交渉できる余地を残しているのも便利ポイントです。やりとりに多少の時差はかかりますが、店先で会話するのに近い感覚です。

初めての方:公式「メルカリガイド」が、イラスト付きでわかりやすいです。私も最初はここから色々調べました。さすがメルカリ、メジャーになっただけあります。老若男女、誰でも理解出来るような、いいガイド、いいヘルプです。ぜひご参照下さい。


■必要な物は?

まず、メルカリの公式サイトへ行きましょう。

アプリをダウンロードし、最初に自分個人のIDを作ります。

(※PCのみの方はブラウザから登録して下さい。PCの場合、アプリと機能が異なります。可能ならばアプリでスタートするのをお勧めします)

自分の“売買の拠点”となる個人のマイページを作るわけです。

■最初、基本的に必要となる物は…

・スマホかPC

・メールアドレス

・連絡先となる住所電話等の個人情報

・『メルカリ』で実際に表示されるニックネーム。

…主に、こんなところかな?

■本名が表示されるの??

『メルカリ』画面上で自分以外の他人に表示されるのは、もちろん、本名ではなくニックネーム(仮名)なのでご安心下さい。

■銀行口座は??

入出金用の銀行口座は後で登録することになります。最初はともかくIDを作りましょう。

売る人は、売上金を手にするための入金用の銀行口座を準備しておいて下さい。

買う人も、銀行口座を登録することをお勧めします。売上金を流用したり、ATMコンビニ払いを選択することもできますが、メインの支払い方法のひとつとして銀行口座を登録し、購入に必要な額をメルカリに入金することで、いつでも即座に即金で支払うことが可能になります。

銀行口座は一度登録した口座だけでなく、必要に応じて変更することが可能です。また、支払い用と、売上金振込用は、異なる口座を設定することが可能です。

■お互いに匿名で配送できる??

発送や受取も、「らくらくメルカリ便」「ゆうゆうメルカリ便」を使えば、お互いに匿名でニックネームだけでやり取りを完結させることができます。名前や住所は相手にわかりません。

※注意点:ただし、発送する側の人の都道府県名だけは相手に表示されます。(「~県から発送します」と表示されます。おそらく、都道府県によって発送にかかる期間や、離島など交通機関の状況が異なるため、届く・送る際の目安として認識するために明記されるのではないかと思います)

■お金のやり取りどうなってるの??

商品を送る。相手が受け取る。そして最後に、お互いに今回の取引について評価をし合うまで、取引は完了せず、入金がされません。

購入者は、購入すると決めた時点で支払いが発生します。前払いになるわけです。支払わなければ発送はされません。このお金は、取引完了まで出品者には渡らず、メルカリが一時的に預かることになります。

簡単に説明するとこうなります。

出品者:出品する。

購入者:購入する(取引開始)支払い発生。

メルカリ:購入者の支払い済みを確認する。

出品者:メルカリが購入者の支払い済みを確認後、発送が可能になる。

出品者:発送する。

購入者:受け取る。

購入者:受取後、出品者を評価する。

出品者:購入者が評価を完了させた旨の通知が来る。

出品者:購入者を評価する(評価を終えるまで入金されません)。

メルカリ:出品者に入金する。

(※販売金額からメルカリに対する手数料が差し引かれます。送料が出品者負担の場合、送料も差し引かれます。詳しくはメルカリガイドを参照下さい)

すべての取引完了!

支払わなければ発送されない。評価を完了し合わなければ、入金されない。つまり、最後に、お互いが評価をし合わないと、出入金が完了されないわけです。

ここがミソです。

メルカリが間に入り、取引完了まで、お金を管理するわけです。

普及当時はお金のトラブルもあったでしょう。しかし、現在は違います。大きく進歩しました。

試行錯誤を繰り返した結果、今、現在のメルカリのシステムが出来上がっているのだと感じました。


■『メルカリ』の始め方

①アプリをダウンロードして、IDを作る。

②公式「メルカリ初心者ガイド」を読む。

③公式「メルカリガイド」に進んで、さらに詳しく見てみる。

④とりあえず、出品されている商品や、他の人たちのページを見てみる。みんなどんな感じでやってるのかな~と偵察。

⑤さあ、いざ、自分もやってみよう。出品・購入の準備~!

基本的には、スマホのアプリを使うのが主流です。PCならブラウザ上でホームページからログインして使います。(PCは、細かな機能が少なく、アプリとはやや異なります。アプリで始めることをお勧めします)

私はアプリで始めました。慣れてから時々、PCもサブ的に使用するようになり、今は両方を駆使しています。


■気づいたことエピソード

一番の気づきは、とにかく、何でも色んな物が大量に出品されているということ。

数百円の物から、数百万円の物まで!!

そして、結局の所、

やはり最終的には、

人と人の信頼で取引が成り立っている、ということ。

個人同士がやり取りをするわけですから、ぶっちゃけ、言葉は悪いですが、相手次第で当たり外れがあります。

普通に問題なく取引ができる人、しっかり対応し、安心して取引できる人の物は、買う人が安心して取引を開始できます。多少割高であったとしても、信頼できる出品者の物はよく売れます。

逆に、ルーズで自己中で、取引が滞ったり、返事が遅かったり、言葉遣いが汚かったり…悪質クレーマーもどきな事ばかりしているような人の物は、評価が下がり、売れなくなっていきます。安くても売れません。ブロックされます。

いわゆる“世の常”が、メルカリの中にもしっかり根付いているわけです。

大事なのは、相手に対する誠意を持って、決められた期日内に、責任を持って取引を行うことです。
お互いに気持ちよくマナーよく、スムーズに取引し、最後まできちんと完了させる。これが全てです。


■アドバイス・注意点

私は断捨離のため、ここ数ヶ月で数十件、50件以上~の取引を行いました。

そのうち、すべて100%、まともな方との、まともな取引が無事に完了できています。

思った以上に、皆、真剣に、真面目に、正しく取引を行っています。もちろん、こちらも誠意を持って迅速丁寧に取引を行っています。

すべての取引が、個人の良心で成り立っていると言っても過言ではありません。

1つの取引を正しく気持ちよく完了させる。すると、その様子は評価されます。その積み重ねが、信頼を生み始め、次の取引につながるのです。

しかし・・・・・・!

注意すべきことはたくさんあります。

出品する=お店を開いているのと同じです。たまに、自己中でダメ人間の代表のような、迷惑な客も入って来ます。愉快犯的な“荒し”も来ます。買うと言いながらお金を払わず、キャンセル等の機能を駆使し、取引を停滞させる。。。嫌がらせに似た行為も存在します。

メルカリの基本は、即決です。

残念なことに、お金を払わず取り置きを希望してその商品を一時的に販売不可能にさせたり、コメントで荒らすだけ荒らして逃げていくような輩も、それなりの数いるわけです。

ブロックする、通報するなどして、そのようなレベルの低い利用者に対処する柔軟性も必要になります。

※取引に関して、何か問題が発生したなら、すぐにメルカリに連絡して下さい。


私も最初、何度か、荒らされました。取引を停滞させられました。

回避策として、プロフィール欄に追記で、迷惑行為に対する注意事項を記載しました。

すると、かなり改善され、荒らしは減りました。

プロフィールの言葉はできるだけ丁寧に、丁重に。これは、実際に、多くのまともなユーザーが記載しているものを参考にすれば大丈夫です。

多くのまともなユーザーは、迷惑行為に対して歴とした態度で堂々とプロフィール欄に注意事項を記載しています。

また、プロフィールの画像を入れることも信頼につながります。

だいたいのサブIDや荒し行為のIDは、プロフィール画像がデフォルトのままであることが多い気がします(個人の主観です)。迷惑行為をしないIDだと信じてもらえるよう、誠意の証として、写真やイラストなど、あなた個人を証明するプロフィール画像を入れましょう。効果は大です。(画像の著作権に注意)

そしてもう一つ、初めての相手から某かのコメントが来た場合、すぐに返事をしないこと。

一旦、相手のプロフィールを見に行きましょう。

取引回数は多いか少ないか? 評価は概ね好評価か? 捨て垢のサブIDで荒らしに来ている可能性は?

評価で「残念だった」がついていないか、ついていたらなぜなのか。

それらをしっかり見てからです。

全体的に良い評価の方にも、総対数で、扱った件数が多ければ100件に1つくらいは悪い評価があったりします。良い評価の多いIDなのに、変なのに絡まれて被害者的に悪い評価が1件や2件つけられてしまっている場合もあります。

もちろん本当にルーズだったりマナー違反常習で悪評価のIDなのかを判断するのも大事です。

そして、ざっと見て問題無さそうなら、速やかに、返事をして上げて下さい。相手は待っていますから。返事が遅いと不信感を与えます。すぐに返せるものはすぐに返しましょう。例えばサイズや重さの質問など、調べる必要があるなら、「調べて返事しますのでお待ち下さい」等、つなぎのコメントを入れてあげると相手も安心して待ってくれます。


メルカリは、本当に便利なシステムです。

特に、断捨離中の私にとっては、神のようなシステムです。

ネットのない昔なら、捨ててしまっていた物が、日本全国津々浦々、必要とする人に売ることができるのですから!

売る、買う。お互いに気持ちよく、満足のできるメルカリライフを送りましょう!


■最後に、ここを読んで、メルカリを始めてみようと思った方へ。

メルカリには、招待コードというシステムがあります。

招待する人も、招待される人も、双方が同じ額のポイント(メルカリで使えるマネー)をもらえるシステムです。

→メルカリ公式サイト:ヘルプ:招待ポイントについて

アプリから、メルカリをスタートする初回の登録時に限り、一度だけ入力できるものです。

私と、あなたの両方に、メルカリで利用できる500円分(500ポイント)が付与される仕組みです。

もし、このようなサービスの利用をご不快に思わず、他に招待コードをお持ちでない場合、差し障りなければ、私からの招待コードを入力頂ければ幸いです。
(コードは文末に大きく表示しました)

私だけでなく、あなたにも、お互いに、同じ額が付与されます。

初回登録時に入力するだけで、どちらにも500円分が入る、どちらにも得になる仕組みになっています。(※会員登録後に招待コードの入力はできません)

払うのはメルカリですから、私もあなたも使わなきゃ損!なシステムなのです!

PRするつもりはなかったのですが、よく調べてみると、誰も損をしない!とわかったので、最後に掲載させて頂きました。

これを機会に始める方、ぜひ、この私からの招待コードを活用し、最初から500ポイントをゲットして、メルカリを始めてみてはいかがでしょうか。

主旨にご了解いただける方は、初回登録時に、以下の私からの招待コードを入力頂けますよう、宜しくお願いします。

→メルカリ公式サイト:ヘルプ:招待ポイントについて

私、個人からの招待コード

HXTGQN

私はメルカリで、有意義な断捨離を楽しんでいます!!

あなたも、充実したメルカリライフをぜひ!

(※注:私のメルカリでのIDはソラルポやソラアンではありません。同姓同名のニックネームの方は関係ありません。あしからず)

2020年8月 ソラアン


フォロー頂くと励みになります!

ブログ更新情報をツイートしてます